WordPress使い方

WordPressの6つの初期設定【画像付きで初心者でも分かりやすく】

悩んでいる人
WordPressでブログを書き始めようとしていますが、WordPressの初期設定の方法が分かりません…。

 

こんなお悩みを解決します。

 

✔︎本記事の内容

・WordPressの初期設定の項目を紹介
・設定方法を画像付きで解説

 

WordPressをインストールしたら、サイトデザインと整えたり、記事を投稿したりしたくなりますよね。

 

その前に、WordPressの初期設定を行いましょう。

 

sasami
SEO効果やWordPressの使いやすさの向上のためになるので必ず行いましょう!

 

WordPressでブログ書くのが初めての方でも分かりやすく、ひとつずつ画像付きで設定方法を解説していきます。

 

作業時間は、10〜20分ほどです。

 

それでは、初期設定すべき項目から紹介していきます。

 

WordPressの初期設定は6つ

 

WordPressの初期設定は、以下の6つです。

  1. 一般設定
  2. 投稿設定
  3. 表示設定
  4. ディスカッション設定
  5. メディア設定
  6. パーマリンク設定

 

それでは、ひとつずつ解説していきますね。

 

WordPress初期設定①:一般設定

 

一般設定では、サイトタイトルやキャッチフレーズなどを設定できます。

 

ダッシュボードの「設定」から「一般」をクリックします。

WordPressの設定の一般設定1

 

「一般設定」の画面で各項目を入力していきます。

WordPressの設定の一般設定2

 

WordPressの一般設定で入力すべき項目は、3つあります。

 

サイトタイトルとキャッチフレーズ

 

まずは「サイトタイトル」を入力します。

 

「サイトタイトル」は、サイト名(ブログ名)のことです。

 

例えば、当ブログのサイトタイトルは「Sasamiblog」です。

 

名前は、ご自分が付けたい「サイトタイトル」で問題なしです。

WordPressの一般設定のサイトタイトル

 

次に「キャッチフレーズ」ですが、ここは空白でOK。

WordPressの一般設定のキャッチフレーズ

 

キャッチフレーズは、下記のように検索された時に表示されるもの(メタディスクリプション)です。

サイトのメタディスクリプション

 

使用するWordPressのテーマによってSEOの影響度が変わっており、入力すると逆に好ましくないことも。

 

そのため、キャッチフレーズは空白にしておきましょう。

 

WordPressアドレスとサイトアドレス

 

次に「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」を入力します。

 

どちらも同じサイトアドレスを入力しましょう。

WordPressの一般設定のアドレス

 

注意点


サイトアドレスは、SSL化(https://)しておきましょう。

 

メールアドレス

 

最後に「メールアドレス」を入力します。

 

記事にコメントが投稿されたり、WordPressからお知らせが届いたりしたときに受け取るメールアドレスです。

WordPressの一般設定のメールアドレス

 

最後に「変更を保存」をクリックします。

WordPressの一般設定の保存

 

これでWordPressの一般設定は、OKです。

 

WordPress初期設定②:投稿設定

 

投稿設定では、WordPressの記事投稿や固定ページの投稿に関することが設定できます。

 

ダッシュボードの「設定」から「投稿設定」をクリックします。

WordPressの設定の投稿設定1

 

結論からいうと、投稿設定はデフォルトのままでOKです。

WordPressの設定の投稿設定2

 

WordPress初期設定③:表示設定

 

表示設定では、サイトのトップページに表示させるコンテンツの内容を変更を行ったりすることが設定できます。

 

ダッシュボードの「設定」から「表示設定」をクリックします。

WordPressの設定の表示設定1

 

WordPressの表示設定で設定すべき項目は、3つあります。

 

ホームページの表示

 

ブログのトップページを「最新の投稿」もしくは「固定ページ」のどちらか選択できます。

 

ブログでは、「最新の投稿」にしていることが多いです。

WordPress表示設定のホームページの表示

 

1ページに表示する最大投稿数

 

トップページに表示させる記事の投稿数を設定できます。

 

目安として、「5〜10件」に設定するのがおすすめです。

WordPressの表示設定の最大投稿数

 

10件以上になると、サイトの読み込み速度が低下して、ユーザーが離脱する原因となるため気をつけましょう。

 

検索エンジンでの表示

 

検索エンジンでの表示にチェックを入れてしまうと、検索結果に表示(インデックス)されなくなります。

 

必ずチェックを外しておきましょう。

WordPressの表示設定の検索エンジンでの表示

 

WordPress初期設定④:ディスカッション設定

 

ディスカッション設定では、コメントに対する管理方法を設定できます。

 

ダッシュボードの「設定」から「ディスカッション」をクリックします。

WordPressの設定のディスカッション1

 

WordPressのディスカッション設定で設定すべき項目は、5つあります。

 

デフォルトの投稿設定

 

自分のサイトが、他サイトからリンクされた時に通知を受けとったり、逆に自分のサイトが他サイトをリンクした時に、相手側に通知を送ったりする設定ができます。

 

すべてにチェックを入れておきましょう。

WordPressのディスカッションのデフォルト

 

他のコメント設定

 

ブログ記事に対するコメントの設定ができます。

 

スパム防止のため、「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」にチェックを入れておきましょう。

WordPressのディスカッションのコメント設定

 

自分宛のメール通知

 

コメントが投稿された際に、WordPressに登録したメールアドレスに通知が来るようになります。

 

すべてにチェックを入れておきましょう。

WordPressのディスカッションの自分宛のメール通知

 

コメント表示条件

 

記事にコメントが投稿されたときの表示条件を設定できます。

 

一度コメントが承認されたことがあるユーザーに対しては自動承認されるように設定します。

 

下記の画像のように設定しましょう。

WordPressのディスカッションのコメント表示設定

 

アバターの表示設定

 

コメントに表示される自分のアバターの表示を設定できます。

 

下記の画像のように設定しましょう。

WordPressのディスカッションのアバター設定

 

WordPress初期設定⑤:メディア設定

 

メディア設定では、WordPressの記事や固定ページに画像を表示する際に、それぞれの画像サイズを指定するための設定ができます。

 

ダッシュボードの「設定」から「メディア」をクリックします。

WordPressの設定のメディア

 

下記の画像のように設定しましょう。

WordPressの設定のメディアサイズ設定

 

このように設定すると、記事や固定ページに画像をアップロードする際に、設定したもの中から表示サイズを選べるようになります。

WordPressのメディア追加時のサイズ選択

 

画像挿入後のサイズ調整の必要がなくなり、効率化につながります。

 

WordPress初期設定⑥:パーマリンク設定

 

パーマリンクの設定では、WordPressで作成した一つ一つのページのURLをどのように表示するかを設定できます。

WordPressのパーマリンク

 

ダッシュボードの「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします。

WordPressの設定のパーマリンク

 

「カスタム構造」にチェックを入れて、「/%postname%」と入力します。

WordPressのパーマリンクの設定

 

これで、記事や固定ページの編集画面で、任意のパーマリンクを設定できます。

WordPressのパーマリンクの入力

 

WordPressの初期設定まとめ

 

WordPressの初期設定はできましたでしょうか?

 

WordPressの初期設定6つをおさらいします。

 

  1. 一般設定
  2. 投稿設定
  3. 表示設定
  4. ディスカッション設定
  5. メディア設定
  6. パーマリンク設定

 

最初に設定してしまえば、後に変更することがほぼありません。

 

SEO対策の面から見ても、ここで紹介した初期設定は重要ですので、しっかり設定しておきましょう。

 

-WordPress使い方

© 2021 SasamiBlog Powered by AFFINGER5