時事

ラグビーW杯|五郎丸歩選手は今どうしてる?

ラグビー

2015年のラグビーW杯で一躍有名になった「五郎丸 歩」

「五郎丸ポーズ」は子供も含めてみんながマネしましたし、「ルーティン」は流行語にも成りました。

一躍”ラグビー界のスター”となった「五郎丸 歩」選手は2019年のラグビーW杯には日本代表に招集されていません。

今回は「五郎丸 歩」選手が今どうしているのか?にスポットを当てて記事を書いていきます。

五郎丸 歩の現在

2019年の今も現役選手として活躍しています。

所属はヤマハ発動機です。

2015年のW杯後はフランスの一部リーグ:RCトゥーロンに所属しました。

RCトゥーロンはサッカーでいうとレアル・マドリードとも呼ばれる超強豪のトップクラブ。

そんなクラブに所属をした五郎丸 歩選手ですが、右肩の脱臼のリハビリ、フランス語でのコミュニケーション不足など大きな壁がありました。

公式戦36試合中5試合に出場して0得点という結果に。

五郎丸 歩選手はトゥーロンと1年契約プラス1年のオプション契約を結んでいましたが、トゥーロン側が希望しなかったためフランス挑戦は1年で終わりました。

その後、古巣であるヤマハ発動機に復帰し今に至ります。

なぜ2019年のW杯で日本代表に選ばれていないのか

いくつか理由があります。

まずは五郎丸 歩選手自らが日本代表引退宣言をしています。

16年の海外挑戦を経て昨季復帰し、5季ぶり3度目のベストキッカー賞を受賞した。15年W杯で一世を風靡(ふうび)した拝みポーズのルーチンは昨季に変更した。清宮監督が「1年、1年の積み重ねだね」とたたえ、五郎丸も「次の世代の目標として、できるだけ記録を伸ばしていきたい」と欲を見せた。19年W杯日本大会前のシーズン。15年W杯以降は代表に招集されていないが、日本代表への意欲は「ま~ったく、ないですね!」と笑顔で事実上の代表引退を宣言した。(小河原 俊哉)

出典:スポーツ報知

もう1つはラグビーW杯2015年のヘッドコーチであるエディ・ジョーンズ氏から16年にジェイミー・ジョセフ氏に交代したことです。

ジョセフ氏は「たくさんのポジションをこなせる走れる選手」を戦術で掲げており、五郎丸歩選手のポジションであるフルバックにもスピードを求められます。

しかし走力があまりない五郎丸歩選手は選考基準から外れており、若手選手の台頭もあルため招集されていません。

五郎丸ポーズやルーティンは今でも健在?

残念ながら一世風靡した五郎丸ポーズは今はしていません。

しかし正確無比のキックは今も健在。

こちらの試合動画をご覧ください。

あのルーティンからの五郎丸ポーズがないのは寂しいですが、あまりテレビとかで見られなくなった今も現役で活躍されているのは嬉しいですね。

 

ちなみに懐かしのルーティンと五郎丸ポーズはこちらから

私は2015年のラグビーW杯の時によく見ていたので懐かしい思いでいっぱいです。

今見ても独特なポーズ。

これが五郎丸歩選手のルーティンですが、「ルーティン」という言葉はここから流行り始めました。

ささみ
ささみ
今でもスポーツ選手や一般の人でも同じ行動をしたり、動作をする時に「ルーティン」と言ったりしますよね。

五郎丸歩はどこへ?|まとめ

五郎丸歩選手についてまとめたいと思います。

・今も現役選手

・所属はヤマハ発動機

・今は五郎丸ポーズとルーティンはしていない

日本代表選手ではありませんが、ヤマハ発動機で今の活躍されている五郎丸歩選手。

あの五郎丸ポーズとルーティンがなくなったのは寂しいですが、これからも活躍してほしいですね。

こちらの記事もおすすめ!