恋愛

【恋愛】好きにさせるラブレターの書き方

こんにちは。ささみです。

私は、初めて女性と30代半ばで付き合い始めて、半年後には結婚することができました。

この時に頻繁に書いていたのは、ラブレター」です。

その時に書いていたちょっとした心理学のテクニックをご紹介したいと思います。

ワンメッセージ・ワンアウトカム

loveletter

文章の中に込めるメッセージは1つで、相手を行動させ1つの結果を得ることです。

ビジネス文章でも、同じようなことが言われます。

1つの文章を長々と書くのではなく、1つの主語に対して1つの述語。伝えたい内容を1つずつにするというもの。

これに近いですが、ラブレターを送る意味はさらに深いです。

伝えるだけでなく、相手に行動してもらう。

つまり、好きになってもらうことです。

文章を書く ➡️ 相手に伝える ➡️ 行動してもらう

これを1つのメッセージによって1つの結果を得ることをワンメッセージ・ワンアウトカムといいます。

そんなことで効果あるの?

たった1つのメッセージを伝えただけで、「そんな効果あるの?」と思われるかもしれません。

なぜなら、せっかくラブレターを書くなら色んなことを書きたいから。

あそこ行って楽しかった、こんな仕草がよかった、スタイルがいい、内面がいい、

たくさん思い浮かぶかもしれません。

でも、冷静になって考えてください。

ラブレターを送る、最終的な目標はどこでしょうか。

「好きだ」という気持ちを一方的に伝えるだけでしょうか。

違いますよね。

「好きだ」というメッセージで、「好きになってもらう」ことが本当の目標なはずです。

具体的にどう書けば良い?

まず、以下の順番で考えていきます。

①1つの伝えたいメッセージと1つのゴールを決める。

②相手を分析する。

③文章を書きすぎない。

この3つです。

1つずつお伝えしますね。

①1つの伝えたいメッセージと1つのゴールを決める。

ラブレターであれば、伝えたいメッセージはもちろん「好き」ですね。

では、1つのゴールはなんでしょうか。

これは、相手に「好きになってもらう」。

この2つだと思います。

まず、この「伝えたいこと」と「行動してもらうこと」を考えましょう。

②相手を分析する。

ラブレターを送る相手をよく分析します。

ノートでも、スマホのメモ帳でも構いませんので、相手の良いところ、グッときたところを書き出してみましょう。

「笑顔が可愛い」

「みんなに対していつも優しい」

「元気で活発なところ」

他にも色々、書き出せるだけ羅列してください。

もし、一緒に出かけたことがあるなら、その時のことも書き出してみましょう。

この項目は③に繋がる一番大事なことになります。

かめくん
かめくん
ささみも書き出していたの?

ささみ
ささみ
紙に書くのが恥ずかしかったので、スマホのメモ帳にちょこちょこと(汗)

③文章を書きすぎない。

これが②で書き出したことが一番生きるところです。

「文章を書きすぎない」からといって、こんな文章はだめですよ。

私は〇〇さんが好きです。

付き合ってください。

これでは、1メッセージと1ゴールがそのまま、ダイレクトに書いてあるだけですから。

もちろん、ここまで読んでくださった方がこのように書くとは思っていません。

 

文章を書きすぎないということは、②であげた中から書くこと項目を絞るということです。

どのように絞るかというと、相手の方が一番嬉しいと思うところを挙げること。

でも、どこが嬉しいことかわからないですよね。

そこで、その相手の方が他の人と話をしているときに、どんなことで「笑顔になったり」、「嬉しくなったり」しているか観察してみましょう。

じーっとみ続けたら、怪しまれるのでなんとなく、視界の端っこで見るくらいで良いです。

例えば、

「今日も元気だね!」と言われて「笑顔が出るのか」

「いつもニコニコしているね」と言われて「そんなことないと恥ずかしがっている表情をしているか」

このような反応をしているということは、嫌ではなく嬉しい感情の方が強いですよね。

ここでの反応と、自分が書き上げた内容を見比べてください。

おそらく、同じような項目を挙げているのではないでしょうか。

そこをラブレターに込めていくことで、相手の方に「嬉しい」という感情から「好き」という行動に移ってもらうのです。

その項目に重点を置いて、ラブレターを書いていきましょう。

項目:笑顔が好き

みなさんと話している時の素敵な笑顔をみていて惹かれていきました。
自分は、すべての人に笑顔で話すことはなかなかできないのに、〇〇さんは、どんな時も嫌な顔せず、笑顔でしかも明るく対応できるんだろうと。
どうして自分はできないのかの思うと同時に、どんどんと〇〇さんに引き込まれていました。

相手に好きになってもらうラブレターを書こう

私は、恋愛スペシャリストではないです。

冒頭にも書いた通り30半ばまで付き合ったことすらありませんでした。

当時、ラブレターは付き合い始める前も後もかなりの数を書き、結果として結婚することができました。

今でも書くことがあります。

 

今回の「ワンメッセージ・ワンアウトカム」ですべて上手くいくとは限りません。

でも、書かなければ何も始まりません。

恥ずかしい気持ちもあると思います。

私も同じでした。

書いているときは恥ずかしくて、当然誰にも見せて添削してもらうこともできず、ラブレターが書けても、いつ渡そうとソワソワしていました。

でも、書いたことが今の結果につながっていると思います。

 

少しでもラブレターを書く際の参考になればと思います。

こちらの記事もおすすめ!
fes 恋愛

【デート】フジロックはいかが?

2019年7月26日
ささみブログ|会社員生活・家庭生活・子育ての総合メディア
いま、フジロックが熱い! 台風6号が接近しているので、交通機関や会場への影響が予測されていますが、夏といったらフジロック。夜通し音楽に浸れるし、キャンプでの宿泊などアウトドア …
search 恋愛

【30代の恋愛】相手の興味を分析してますか?

2019年7月29日
ささみブログ|会社員生活・家庭生活・子育ての総合メディア
30代の恋愛になると「結婚」がちらつきますよね。 付き合っている方なら「周囲からどうするの?」」と聞かれたり まだ、付き合っていなければ「これからどうするの?」とプレッシャ …