時事

キングオブコント2019優勝|どぶろっくはどんな芸人、代表的なネタは?

コント芸日本一を決める「キングオブコント(KOC)2019」が行われ、コンビ結成16年目の「どぶろっく」が12代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得しました。

この記事ではリアルタイムでキングオブコントが見れなかった方「どぶろっく」がどんなネタをする芸人なのかを紹介したいと思います。

すでに知っている方も「どぶろっく」について、どんなネタしてたっけ?というのを思い出していただけたらと思います。

どぶろっくのネタ

「もしかしてだけど~」で始まる下ネタが代表的なネタ。

森 慎太郎(もり しんたろう)さんがギターとコーラス、江口 直人(えぐち なおと)さんがボケとボーカルを担当しています。

言葉では伝わりにくいので動画で紹介します。

小嶋陽菜(こじはる)さんverのネタです。

アイドル相手でも容赦無く下ネタを・・・。

 

ロングバージョンのネタ動画もありますのでこちらからご覧ください。

内容はセクハラ(いや下ネタか・・・)ですが、リズム感よく、歌も上手いため、芸としての完成度が高く笑いに繋がっているんでしょうね。

どっちがネタを作る?

「もしかしてだけど」のネタは江口さんがシャワーを浴びていた時に思いついたワードで、このフレーズにメロディを後からつけて完成させたとのこと。

「もしかしてだけど」の色んなネタは、元バンドマンでギターも弾けるため、鼻歌を携帯のボイスメモに録音して、その後にギターでコードをつけて作り上げていくそうです。

ちなみに今は森さんがギターを弾いて、江口さんが歌うスタイルですが、元々はアカペラで行なっていました。

「ライオンのごきげんよう」に出演した際、歌でゲストを紹介するという役を任されたとき

番組のディレクターさんから森さんへ

”ギター弾け”

と言われ始まったのがきっかけ。

ギターを弾くのは初めてだったのに加え、歌って、さらに弾きながらゲストを紹介するということでかなり難しかったそう。

ギターは

・コードを弾けるようひたすら練習

・次は顔を上げて弾く

・歌いながら弾く練習

と徐々に段階を踏んでできるようになったとのこと。

今では軽々とこなしていますが、ここまでに到るまでにかなり努力されてたのだなと感じますね。

どぶろっくの他のネタ

「○○な女」というネタもあります。

ネタの動画はこちら

こちらは下ネタ封印して、「どんな○○女がいるか」をネタにした芸です。

ささみ
ささみ
私は下ネタの「もしかしてだけど」の方が好きですけど皆さんはどちら派ですか?

どぶろっくのネタ|ネットの反応

下ネタなので賛否両論あるのが実情ですね。

どぶろっく|まとめ

どぶろっくのネタについてまとめました。

代表的なネタは2つ。

・もしかしてだけど

・○○な女

下ネタが多いので、ネットでは好意的な人と否定的な人に分かれています。

でも、キングオブコント2019では優勝した!

個人的にはこれからも下ネタを貫いて、色んな番組で拝見したいなと思っています。

どぶろっく、優勝おめでとう!!!

こちらの記事もおすすめ!