カーシェア

カーシェアで節約!カレコの8つのメリット

かめくん
かめくん

車の購入を検討している方で「マイカーとカーシェア、どっちがお得なの?」

こんな疑問を解決できる記事を用意しました。

まず最初に結論からお伝えしてしまうと、マイカーよりもカーシェアの方が断然にお得です。

カーシェアを上手に活用すれば、固定費をガクッと下げながらマイカーとほとんど変わらない使い方で車に乗ることができます。子供の送り向かいなど日常的な使い方はもちろんのこと、キャンプや旅行で遠出をするときも、マイカーを買うよりも圧倒的にカーシェアの方がお得だったりします。

この記事ではこれから車に乗ることを検討中のあなたのために、マイカーとカーシェアを比較した時に具体的にどれくらいカーシェアがお得なのか?をわかりやすく解説します。オススメのカーシェア「カレコ」の8つのメリットをご紹介します。

・カーシェアはマイカーよりもお得なの?
・カーシェアってどんなもの?
・オススメのカーシェアを教えて欲しい

こんな疑問を解決できる記事なので、ぜひ最後まで楽しんで読んでくださいね。

\マイカーよりもお得に車を利用/

カーシェアとは

カーシェア

カーシェアは有料駐車場などをステーションとして会員が予約した時間内でそのステーションに設置されている車を利用できることです。

設置されている車をカーシェア会社に登録している利用者で共同利用します。

レンタカーはレンタカー屋さんに行って利用時間6時間、12時間とまとまった時間をレンタルします。

一方、カーシェアは10分、30分など細かい時間から借りることができます。

少しの時間でも借りることができるため、近所のスーパーへ買い物、ニトリへ家具を購入しに行くときなどに便利です。

さらにレンタカーはレンタカー屋へ返却して車体チェックなど手続きなどがありますが、カーシェアは借りた駐車場所へ戻して終わりです。

手続きがないので手間も省けます。

「雨が降っているけど買い物に行きたい」「子供の塾の送り迎えで車を使いたい」

こんな日常利用にカーシェアはもってこいです!

ささみ
ささみ
レンタカーはレンタカー屋さんの閉店時間も考えないといけないですが、カーシェアは駐車場所に戻すだけ。夜中でも朝でも、いつでも返却できますよ。

カーシェアとマイカーを比較

マイカー

月に8回、6時間ずつ、走行距離60km使用をした場合のマイカーとレンタカーとカーシェアを比較しました。

マイカー 60,400円(1ヶ月)
レンタカー 57,100円(1ヶ月)
カーシェア 30,400円

なんとマイカーと比較すると毎月30,000円もカーシェアの方が節約できます!

これだけ節約できたら、子供の習い事の費用やたまには夕食にステーキ食べたり、2ヶ月もしたらゲーム機を買ってあげたりなど色々な使い方ができますよね。

またレンタカーと比較しても26,700円もカーシェアの方が節約できます。

車を土日だけ利用している方、月に数回しか乗らない、短時間だけ利用する機会が多い

このような方はカーシェアをオススメします。

マイカーの内訳

○ガソリン代:5,222円
 ・145.8円/L(経済産業省 2019年3月18日発表 東京のレギュラーガソリン店頭価格)
 ・燃費13.4km/L(「e燃費」実燃費 ノートXグレード)
○車両代(ローン):19,420円
 ・ノートXグレードを3年ローンにて購入
 ・車両価格1,523,880円(ニッサン公式2019年3月現在)
 ・頭金、ボーナス払いなし
 ・ローン金利4.475%(三井住友銀行2019年3月現在)
○自動車税:2,567円
 ・初年度9,000円(エコカー減税)
 ・以降34,500円/年
○自賠責保険代:1,056円
 ・2018年度、36か月契約で算出
 ・任意保険は含まず
○駐車場代:30,000円
 ・東京23区の駐車場代の平均価格で算出
○車検代:2,174円
・購入3年目に初回、以降2年毎に1回90,000円で実施で算出
※平均保有期間は7年(一般社団法人 日本自動車工業会「乗用車市場動行調査」2018年3月)
出典:カレコHPより

◆レンタカーの内訳

○ガソリン代:5,222円
 ・145.8円/L(経済産業省 2019年3月18日発表 東京のレギュラーガソリン店頭価格)
 ・燃費13.4km/L(「e燃費」実燃費 ノートXグレード)
○レンタル料金:43,200円
 ・6時間5,400円×8回(会員割引10%を適用)
○免責補償費:8,640円
 ・1,080円×8日
 ・対人補償(無制限)
 ・対物補償(免責額:5万円)
 ・車両補償(免責額:5万円)
 ・人身傷害補償(1名につき3,000万円まで)
出典:カレコHPより

◆カーシェアの内訳

○月会費:980円
○時間料金:30,400円
○割引:980円
出典:カレコHPより

カーシェア「カレコ」8つのメリット

メリット

カーシェアは「オリックスカーシェア」「タイムズカーシェア」「カレコ」この3社が有名です。

僕はオリックスカーシェアとカレコの2つを利用していますがカレコをオススメします。

なぜなら月に数回利用する程度でなおかつ6時間以内の利用では距離料金0円のためです。

ちょっと離れたところに大型スーパーがあるのですが雨の日の買い物が大変。

そんな時は車で行きたいのでちょっとした利用ができるのが便利。

しかも雨の日に買い物で使用したいときは、できるだけ傘さしたくないですよね。

買い物した後の荷物が多いと返却後に傘さして帰るのも大変。

僕は歩いて2分で着くステーションがあるのですごく助かっています。

また妻が妊娠している時は土日に妻の実家に行くことも多かったのですがカレコのカーシェアを利用していました。

妻が妊娠しているため長距離歩けないので、出来るだけ近くで車を借りたかったのです。

カレコのステーションが歩いて2分のところにあり、すごく助かりました。

利用金額も1回6000円程度でしたのでおサイフにも優しい。

返却時間は気にしなくてよいので(いつでも返却できるので)妻もゆっくり実家で話をして帰ることができました。

今は出産直後のためカーシェアを利用する機会がないですが、お出かけできるようになったらまた利用していきたいと思っています。

ステーションは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、沖縄県です。詳しくはこちらから。

また、オープンするステーションも続々増えていますよ。

初期費用0円

専用のカードを発行する必要がないため初期費用は0円です。
専用のカードではなく
ケータイやお手持ちのSuicaがカード代わりとなって利用できます。

また入会金も発生しません。

運転免許証を取得後1年未満の方は登録できません。

申し込みに必要なものは、運転免許証、クレジットカード、ケータイです。

入会に年齢制限はありません。

15時までにネットから申し込みしたら当日中に使用できるように確認(審査)が行われます。

初めて利用したい日が決まっている場合は、前もって申し込みをしておきましょう。

月会費0円

カレコには3つのプランがあります。

・月会費無料プラン:月会費0円

・ベーシックプラン:月会費980円

・平日プラン:月会費980円

ベーシックプランと平日プランは月会費が980円かかりますが、利用時に980円の割引を受けられますので実質0円です。

3つのプランは月会費以外にかかる利用料金が異なります。

利用料金は時間料金と距離料金の合計。

じゃあ「どのプランがいいの?」となると思いますが、以下を参考にしてください。

・ベーシックプラン:月に2、3回以上利用する方

・月会費無料プラン:数ヶ月に1度くらい利用する方

・平日プラン:平日のみ利用する方

サラリーマンの方で週末の休みに家族や夫婦でお出掛けする、スーパーでまとめ買いをするなどの場合はベーシックプランがオススメ。

僕も月に数回利用するためベーシックプランを利用していますよ。

料金プランの詳細はこちらから。

ガソリン代0円

ガソリン代は車に備え付けられている給油カードを利用すれば0円です。

ガソリンメーターが残り1/2以下になったら給油カードが利用できるガソリンスタンドで給油をします。

利用できるガソリンスタンドは以下のとおり。

・ENEOS

・昭和シェル

・コスモ石油

・エッソ

・モービル

・東燃ゼネラル

全国にある店舗ばかりですので

「給油したいのに給油カードが使えるガソリンスタンドが見つからない!」

と焦ることはありません。

給油カードを利用して給油した後はレシートに会員IDを記入して「給油レシート入れ」にレシートを収納すれば終わりです。

レンタカーでは常にガソリン満タンで返却しないといけないうえに、自腹で支払わなければなりません。

カレコではガソリンメーターが1/2以下になったら給油すればよく、車に備え付けられている給油カードを使えばガソリン代を支払う必要はないため手軽でお得ですよ。

保険も利用料金に含まれている

カレコでは利用料金の中に保険も含まれています。

レンタカーのように別途保険料を支払う必要はありません。

詳しくはこちらから。

万が一、突然の故障や事故などのトラブルがあっても安心して利用できます。

アプリで簡単予約

カーシェアの予約はホームページで予約とアプリで予約の2つがあります。

どちらも簡単ですが、僕はアプリでの予約を断然オススメします。

なぜならよく利用するステーションを登録しておけば簡単に予約できますし、利用料金の履歴や現在位置からの近くのステーションを探したりなどもすぐに見ることができます。

予約されている情報も見れますので、「〜日は予約が入っている」「〜日は空いてる」もすぐにわかりますよ。

下の画像はアプリの画面です。

9月1日のところの濃いグレーが予約が入っていることを表しています。

カレコアプリ画面

ささみ
ささみ
スマホ操作で予約開始の直前まで変更やキャンセルもできますよ。しかもキャンセル料金はかかりません。

6時間以内の利用では距離料金0円

予約時間が6時間以内の場合は距離料金がかかりません。

雨が降っているのでスーパーへの買い物を車で行きたいな、子供の塾の送り迎えなど6時間以内の短時間利用したい時にとてもお得です。

6時間以内の予約・利用の場合、予約開始時間から返却した時間までが料金支払いの対象となります。

例えば子供の習い事や塾の送り迎えで利用時間30分の場合、時間料金はたったの240円。

マイカー持っているけど送り迎えがほとんどの場合はカレコで送り迎えした方が断然お得ですよ。

夜間パックがお得

夜間の時間料金は夜間パックというお得な料金体系があります。

18時から翌朝9時まで最大15時間は夜間パックの料金になり昼間の時間よりもお得になります。

昼間の15時間と比較すると以下のとおり

・昼間:7,640円

・夜間パック:2,500円

 ベーシックプラン、車種クラスはコンパクト

時間料金がなんと5,140円もお得に!

恋人と夜にレンボーブリッジに行ったり、東京の夜景を見に行ったり、終電の時間を気にせずにゆっくりとデートを楽しむことに利用できますよ。

夜間パックの時間帯でも6時間以内の利用であれば時間料金のみで距離料金はかかりません。

カーシェアは元の駐車場所に戻すだけで良いため、レンタカーのように返却時間を気にする必要もありませんよ。

ささみ
ささみ
結婚したけど夜中のドライブデートに行って、たまには恋人同士だった気分に戻りたいな

おでかけ特典がある

三井不動産グループやその他施設で駐車場無料サービスやお得クーポンなどの特典があります。

ららぽーとでは駐車場2時間無料サービス、三井アウトレットパークでは駐車場2時間無料サービスとスペシャルクーポンのサービスがあります。

子供と一緒に遊びに出かけたり、買い物をしたりするときに活躍しますよ。

他にもおでかけ特典がある施設があります。

詳細はこちらから。

ささみ
ささみ
レジャー施設はついつい長居してしまうので無料サービスは嬉しいですよね。

カレコのデメリット

デメリットは日本全国全てにステーションが設置されていないこと。

以下は主なステーション設置地域です。

東京、神奈川、埼玉、千葉の関東首都圏と大阪府はステーションが多く設置されていますが、例えば北海道や東北地域はステーションが開設されていません。

そのためお住いの地域によってはカレコを利用することができない可能性があります。

しかし、随時ステーションは開設されています。

今は近くにステーションがなくても今後ステーションができる可能性がありますので楽しみにお待ちいただければと思います。

身近なステーションはこちらから。

まとめ|カーシェアで節約!カレコの8つのメリット

カーシェアを利用すべき人は以下のような方。

・土日での利用がほとんど

・月に数回しか乗らない

・短時間だけ利用する機会が多い

数あるカーシェア会社の中でも子育て世代、マイカーを持っていないけどデートで使いたい方にはカレコがオススメ。

最後にカレコのメリットを確認しましょう。

・初期費用と月会費が0円

・ガソリン代が0円

・いざという時の保険は利用料金に含まれている

・アプリで簡単予約

・6時間以内なら距離料金は0円

・夜間利用がお得

・おでかけ特典がある

すぐに始められますし予約も簡単。

しかも使った分だけ支払えばよく、短時間利用はさらにお得。

ステーションによって選べる車種が異なりますが乗車定員が多い7人乗りの車もありますので子供が多い方にもオススメです。

ぜひ、マイカーをすでに持っている方、まだ持っていない方でもカレコのカーシェアを検討してみてください。

\マイカーよりもお得に車を利用/